水着の上から何かを羽織ってそのまま水に入るのは危険?

水着の上から何かを羽織って水に入る際に危険だと思うのは、透けること。
透けてポロリなんてしたら恥ずかしいですよね。
ですから、羽織るパーカーやTシャツは水着用のもの(ラッシュガードなど)を使うことをオススメします。

普通のTシャツだと透けてしまう場合があります。
特に白い生地だと透け透けで危険性があります。
少し厚手の白以外の生地のTシャツだと少し危険性が低くなります。

また、Tシャツはそもそも水に濡れた場合を想定しないものが多いため、速乾性についてはほとんどありません。
海から上がったら寒くて風邪を引くなんてことも多いようです。
ですから、ラッシュガードなどの水着用のパーカーを羽織っていく方が速乾性もあってオススメです。

もちろん、ラッシュガードならばそのまま水の中に入っても透ける心配は少ないし、乾き易いのでオススメ。
日焼けが気になるなら長袖、ファッション性も加味したいなら半袖タイプがオススメ。
また、地域によっては布の洋服やTシャツで水の中に入るのは安全性・衛生面から禁止されている場合があります。
ですので、現地の情報をよく確認してから羽織りをもっていくようにしてください。

水って結構引っ張る力があって、一度沈むと結構息継ぎが難しいんです。
ですので、水着用の羽織りを着ていったほうが泳ぎ易いしおぼれる心配も少ないです。
羽織りだけで泳ぎに心配な方は、浮き輪は持っていくと便利。
疲れた時にプカプカ休めるし、遊びとしても使えますからね。